HOMEINFORMATIONEXHIBITIONEVENTNEWSENJOYMENTCONTACTDEE'S HALL
DEE'S HALL
EXHIBITION SCHEDULE
EXHIBITION#112
Information
海田曲巷・上田晶子「茶かごと茶杓」展
2013年6月11日(火)〜6月18日(火)
open 12:00〜20:00(日曜、祝日および最終日は18:00終了)

海田さんの削る茶杓、上田さんの古布選びが毎回楽しみな
展覧会。ご自分で組み合わせができるよう茶碗、茶入れ、
振り出しなど小さな道具もたくさん用意しました。
どうぞ自分だけの茶かごを組み上げて楽しんでください。

Artist Profile

海田曲巷(かいだ・きょっこう)

1946年、福岡久留米市に生まれる。若い頃から茶道に親しみ、早稲田大学在学中、日豪交換学生として訪れたオーストラリアでも茶会を開催する。卒業後、陶芸の世界に入り、1980年頃から独学で茶杓を削り始める。1992年青山ディーズにて初の茶杓展を開き好評を得る。その後、全国各地で開かれる茶杓展には初日から待ち望んでいるファンが訪れ毎回盛況を博している。1997年、MAO美術館に於ける「光琳乾山忌茶会」で曲巷作茶杓、銘「素心」が使われる。1999年、求龍堂より限定本「茶杓30選」が発刊された。


上田晶子(うえだ・せいこ)

福島県郡山市に生まれる。子供の頃から花や道具類に興味を持ちながら育つ。1968年頃から茶道と共に茶花、仕覆の勉強を始める。けいこを積むうちに次第に古裂の美しさに魅せられ、仕覆作りへの想いが強くなる。その布の組み合わせの素晴らしさには定評がある。現在、DEE'S HALL他日本各地で仕覆教室を開いている。著書多数。

BackUP
HOME